【ハウスクリーニング】4つの洗剤の特徴

こんにちは、ビューティーホーム の笠原です。

本日は、普段使っている洗剤について

解説していこうと思います。

 

中性洗剤

中性洗剤は万能で基本的にどこにでも

使用することができます。油汚れなども

少しのものであれば落とすことができます!

 

一番イメージしやすいのは、食器用の洗剤です。

 

アルカリ性洗剤

アルカリ性洗剤は油汚れを落とす洗剤になります。

 

市販されている洗剤でいうと油汚れマジックリン

がアルカリ性の洗剤です。

 

アルカリ性の洗剤ではレンジフードの

こびりついた油汚れや、ガスレンジに付いた

焦げ付きなどを落とすために使用します。

 

また浴室の壁などに付着している石鹸カスや

皮脂汚れなどを落とすためにも使用できます。

 

また、先ほどの油汚れマジックリンとは違い

塩素系漂白剤(カビ取り剤)も主成分の

次亜塩素ナトリウムがアルカリ性のため

アルカリ性洗剤に分類されます。

 

カビ取り剤は一般的にもよく使用されている

と思うので、説明は割愛いたします。

 

使用する時には、手袋を着用し素手では

触らないように注意してください。

 

弱アルカリ性洗剤

研磨剤として使用するクレンザーは

弱アルカリ性です。クレンザーは研磨剤と

界面活性剤でできています。使用する場所は

キッチンのシンク内に塗って磨きます。

 

強く磨きすぎたり、円を書いて磨くとその後が

付いてしまうので、ステンレスの目地に合わせて

一方方向に磨くように注意が必要です。

 

酸性洗剤

続いて最後は酸性洗剤です。

酸性洗剤とは、水垢や尿石を溶かしていく洗剤

です。一番有名な酸性洗剤は、サンポールですね!

 

一般的にはサンポールはトイレで尿石などを

掃除する時に使用しますが、浴室などの蛇口に

付着している水垢を除去するためにも

使用できます。

 

ですが、酸性の洗剤は金属に使用する際は

焼けて変色してしまうので注意が必要です。

 

様子をみながら短時間ですぐに洗い流すように

します。

 

 

今回は、実際に普段使用している洗剤の種類と

特徴について簡単にご紹介させていただきました。

 

ハウスクリーニングをご検討されている場合は

ご相談はこちらまで!

LINE@や電話045-875-1197もご利用ください。

―――――――――――――――
株式会社ビューティーホーム
045-875-1197 (8:00~21:00)
info@beautyhome.jp (24時間)
―――――――――――――――

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA