【除菌ってどんな種類があるの?】

こんにちは、ビューティーホーム の笠原です。

 

世の中的にコロナウイルスの対策として除菌

することが必要となっていますが、

そもそもどんな種類の除菌があるのかを

簡単に紹介していきたいと思います。

 

 

アルコール除菌

アルコール除菌は一番一般的かもしれませんね!

アルコール除菌のウエットティッシュが

売っていたり、アルコールスプレーで

キッチンのまな板を消毒したり、

病院に行くと手を消毒するためにスプレーしたり

コロナウイルスが流行る前から私も

知っていました。

 

特徴として除菌の効果は即効性はありますが、

一部のウイルスに対しては効果が期待できない

場合もあるようです。

 

また、持続性にもかけるところがあります。

なぜなら、一度除菌してもそこにまた菌が

付着した場合、再度除菌する必要が

あるからです。

 

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水は、コロナウイルスが流行り

始めてから知りました。

 

次亜塩素酸水は除菌や消臭など様々な効果が

あります。除菌の効果もアルコール除菌よりも

広範囲なようです。

 

ですが、アルコール除菌同様一度除菌しても

そこにまた菌が付着した場合、再度除菌する

必要があります。

 

光触媒

光触媒のコーティングをした場所は、光が

当たるとこで、雑菌や汚れや臭いを分解します。

 

アルコール除菌や次亜塩素酸水と違い、即効性は

ないですが、効果は広範囲で持続性もあります。

 

光触媒コーティングの場合、光が当たっている

限り菌や汚れ、臭いを分解し続けるので

新たに菌が付着しても分解されます。

 

なので、今密かにコロナ対策としてブームに

なっているのが光触媒コーティングなのです。

 

弊社でも、次亜塩素酸水の除菌に加え

光触媒コーティングの施工もできるように

準備を進めています。

 

ご提供できるよになったら正式にご案内

させていただきますね^ ^

 

ご相談はこちらまで!

LINE@や電話045-875-1197もご利用ください。

―――――――――――――――
株式会社ビューティーホーム
045-875-1197 (8:00~21:00)
info@beautyhome.jp (24時間)
―――――――――――――――

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA